三菱電機エアコンと浴室

新築時のワックス塗りから始まって,何度かご注文下さっている中豊岡町のO様が,ご実家のクリーニングを注文してくださいました。お風呂とクーラー(MSZ-AXV50RS-W,三菱電機2005年製),11年前のリフォーム以降,どちらも特別な掃除はしていないということです。

半日オーダーメイドで対応可能ですか,ということでしたので,エアコンは霧ヶ峰ですし,浴室は気になる場所に絞ってお掃除するという方法で引き受けました。日程はひと月先をご希望でしたので,スムーズにまとまりました。

今日も乾燥して暑くなりそうです。少し早く着いたので車で待機していると,お母さまが出迎えてくださいました。エアコンと浴室の場所を案内してもらいます。エアコンの隣のカーテンはすでに寄せてあり,すぐ作業に取り掛かれます。

浴室の方は目地のカビが気になる,とおっしゃるのですが,室内や浴槽の継ぎ目部分は気にならず,窓枠部分のコーキングが黒いです。最初からカビ取り剤を塗って時間を置こう,と打ち合わせ。浴室は弟に任せます。

僕の方はエアコンから始めて,お風呂を手伝う気でいたのですが,結局手伝えたのは道具の片づけだけでした。まずはエアコンの外観と,時間を取られた原因。こんな狭い場所にごっつい200V接地極付きのプラグが収まっています。見つけるまで電源コードがないタイプなのかと思ったぐらいです。

三菱電機MSZ-AXV50RS-Wの外観コンセントとプラグ

化粧板を外せばプラグを抜くための空間ができるかと思ったのですが,壁側ボディーに当たる位置のため,外れません。左抜き隠蔽配管はかなり引っ張ってあるため,壁側ボディーを右に押してもスライドしません。結局,全体を壁から浮かしながら外しました。

外してみてわかったのですが,接地極ってちょっと長いんですね。

電源コードは太いから,クリーニング後の復元も大変でした。配管が通ってほとんど余裕がない空間に,いったんたわませて押し込み,壁側ボディーの下の爪がしっかりかかるようにしなければなりません。三菱の爪はマイナスを差し込んで外すタイプなので,どちらか一方がはまってしまって,しかし調整が必要になると,このひと手間が面倒なのです。

このコンセントは天井側に上げるか,あるいはあと50ミリほど手前に取り付けるべきでしたね。

11年頑張った霧ヶ峰。熱交換器と壁側ボディー,外したファンとドレンパン。

熱交換器高圧洗浄後ファンとドレンパン漂白除菌後

浴室は長いこと鏡を磨いている音が聞こえていました。最初に見たときは,石鹸カスで簡単だという印象でしたが,透明で薄いうろこが出て来たんだそうです。

浴室鏡研磨終了

窓枠のコーキングは,漂白剤では変わらなかったのですが,ちょっと使うものを変えたら簡単に落ちました。ナオキンに教わった,本来の用途とは違う液体を使っています。この黒ずみはたぶん,お掃除をがんがっている証拠なのではないでしょうか。

窓枠の目地の着色白くなりました

作業中にOさんもいらっしゃってごあいさつ。お父様の世話を手伝っていらっしゃるんですね。偉いな~。とても良いご家族だと感じます。

お母さまにはきれいになったと喜んでもらえました。お支払いとドリンクをもらって撤収。O様とご両親のT様,当店のご利用ありがとうございます。親御さんに紹介してもらえるというのはうれしいです。

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ