東芝換気機能付きエアコン

境百々東(さかいどうどうひがし)のマンションにお住いのK様から,電話でのご注文。前にも洗ってもらったエアコンをまたお願いしたい,とのことです。ご希望日を2つ挙げてくださったのですが,店長一人対応の本日しか空いていなかったので1人で行ってきました。

Kさんのお宅まで,国道354の新しい道が利根川を片側2車線で渡るようになったので,時間短縮しました。それでもこのあたりが一番遠い場所でしょう。当店の営業エリアは片道1時間を原則としています。

RAS-405NDR,東芝2004年製です。これで4回目の洗浄です。2009/7,2011/8,2014/7そして今回2016/9です。最初の2回は壁掛けのままで洗い,先回から壁掛けオーバーホールです。

Kさんはいろいろこちらが動きやすいように手配してくださるのですが,今回も今すぐ始められるようにエアコンの部屋と浴室を準備しておいてくださいました。ご協力ありがとうございます。

やはりかび臭いとのことで,クリーニングを考えてくださったそうです。内部ボディが黒いので,送風カーブの汚れはわかりにくいのですが,確かに風には湿った,キノコが生えていそうな場所のニオイがします。

RAS-405NDRの外観と,化粧板を外した内部です。フィルターの内側には左に紙製フィルター,右に電気式集塵機のカセットがついていますが,その二つは外してあります。付加機能を盛り込んだ当時の高級機ですね。

東芝RAS-405NDRの外観付加機能満載の内部

露出配管なので,ボディは外しやすいです。熱交換器の洗い上がりは撮り忘れたので,外したパーツの洗浄前後と3枚続けます。普段パーツ洗いは弟が担当しているので,慣れない仕事です。ファンは乾かしてから汚れの残りに気付いて,もう一度洗いました(恥。

壁掛けオーバーホールファンとドレンパン一体型ボディ漂白除菌洗浄後

この型は換気扇を含むパーツが,ファンの左の軸受けを受け持っています。ファンモーターと換気扇をつけて,熱交換器に戻します。

熱交換器に戻す前の組み立て

エアコンが終わって試運転を始めると,トイレの換気についてのお尋ね。元々効きが悪かったので,一度換気扇本体を替えてもらったのだけれど,また吸い込みが落ちた気がするとのこと。

トイレの天井部分はダクトです。浴室の点検口から覗いてみると,浴室換気扇がトイレの排気も受け持っています。そのファンがホコリで機能低下している様子。ファンを洗えば,換気能力の改善につながるはず。換気扇も外して漂白剤で洗えば短時間できれいになるので,追加料金をもらって対応しました。写真は,換気扇ファンとカタツムリ型のファンケースです。

浴室換気扇漂白洗浄後

トイレの換気は,体感できるほど改善しませんでした(汗。

浴室換気扇は天井に埋め込まれていますが,当然立方体のボディーです。その側面にトイレからのダクトがつながっています。ですが換気扇ファンはカタツムリ型のファンケースに収まっていますから,主に浴室の空気を下から吸って排気する設計です。もちろん幾らかファンケース側面の空気も吸ってくれるでしょう。トイレ空間から考えるととても間接的な換気システムということです。浴室換気扇には普通のスイッチがついていますが,たぶん常時換気の考え方なんでしょうね。

Kさんは,またエアコンをお願いする時には,セットで頼むかもとおっしゃいました。そうですね。パーツは浴室で洗うので,効率的です。

1人だったので,エアコンと換気扇でほぼ4時間。冷たい飲み物を頂戴して撤収。K様,定期的なご注文をありがとうございます。

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿,短い投稿は無視されます。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ