富士通エアコンの修理

18日,電気屋の石井さんにお願いしたら,19日に展開図を送ってくれて,お返事。昨日24日,届いていました。早い。ありがたいです。

今回取り寄せたのは,エアコン室外機の部品です。AO-A221,富士通ゼネラル2011年製。室外機インバーター基盤とブラシレスモーター。定価税別8,300円,6,200円とのことでしたが,モーターは全国在庫が2個,代替品になるとちょっと値上がりするとのことだったので,すぐに買ってもらえて良かった~!

富士通部品

ドナーとなり,基板とモーターという主なパーツが外されたままだった室外機。

基盤とモーターがない室外機

真新しいパーツが組み込まれました。この状態で電源投入,暖房で試運転。とても温かい風が出ました。2011年製のエアコンを,10,000円ほどの部品代を使って修理するのが果たして正解なのか? 2011年製のエアコンを15,000円ほどで取り付けたのは正解だったのか?今後どれくらい使えるかですね。

取付完了

今回の室外機故障の原因を考えたのですが,熱対策が裏目に出たかもしれません。時々,室外機天板に断熱の発泡材を乗せているのを見かけます。市販のものはかなりしっかりバインドしていますが,妻の自作品は風で外れる程度の固定でした。それが室外機の熱交換器に張り付く感じになっていたときがあったんです。この件は夏に起きたことで,それから何か月も経っているので正確なことはわかりません。参考までに。

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿,短い投稿は無視されます。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ