ダイキンエアコンクリーニング3台

オーナーのF様の支払いで,賃貸契約更新された方のお宅のエアコンクリーニングです。ダイキンの普通機3台と伺っていました。

管理会社の永瀬さんが話をつけておいてくれたので,今日はご指定の日に伺うだけと,大変シンプルに作業にこぎつけました。

リビングの1台がF28JTNS-W,2008年製です。玄関から入って両側のお部屋にあるのがどちらもF22JTNS-W,2008年製です。ダイキンの樹脂パネル,特にルーバーとかフラップと呼ばれる風向き板は変色が早いですね。リビング,寝室の順で黄色っぽくなっています。たぶん普段は暗い部屋なので,クロゼットのお部屋の分は白いです。機能的にはすべて問題ありません。

リビング機の外観。これだけ2枚羽で,内部構造も違いました。F28JTNS-Wの外観

露出配管ですので,壁掛けオーバーホール対応です。汚れは思ったほどではなかったのですが,ドレンパンの深い間仕切りは,こうして手元に降ろさなければ洗えません。

熱交換器お手入れ後ファンとドレンパン一体ボディ漂白除菌後

手元でここまで組んでから熱交換器にくみ戻します。

壁にくむ前のカット

2台目は寝室分,F22JTNS,内部構造は非常にシンプルです。熱交換器の左側は銅管の位置保持も兼ねているので,1台目とは違う外し方です。右側はモーター防水壁ごと外れるのですが,爪が深いのか難儀します。でも,戻すときはあっさりはまります。

熱交換器の洗浄後ファンとボディ漂白除菌後

クロゼットとしてお使いの部屋もF22JTNS-W。

洗い終わった熱交換器ファンとボディ漂白除菌後

1台目とはちょっと違うでしょう?

熱交換器に戻す前のボディ

ルーバーモーターはここについています。いいね!

基板に付属したルーバーモーター

リモコンも超シンプルで使いやすい。リモコン用の壁掛けフックも必要最小限のシンプル設計。写真はアマゾンから。

ダイキンのリモコン

これで富士通みたいな構造になればいうことなしです。富士通もドレンパン一体型バケットボディですが,熱交換器部分とビスで連結されています。ビスを外せば,熱交換器そのものは据え付け板にかかったままでボディを降ろせます。ダイキンも10年ぐらい前には,富士通構造より面倒でしたが,上下分割式を作っていましたね。

洗剤つけ置き20分を含めて,3台で4時間ほどで終了。順調でした。ご入居のFさまにも,ご協力に感謝します。

以上本日の作業報告です。

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿,短い投稿は無視されます。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ