歯科クリニック床

年に3回(4か月定期)管理させてもらっている歯科クリニックです。ナノテックシステムを導入してからは3回目のお掃除です。

洗う必要があるかと思うほど,美観が維持されていると思います。もっとも,ユニットのまわりや技工室には床に付着物があるので,こういったものが増える前にお手入れすることは重要です。

ナノテックシステムでは,洗浄のみで光沢復元できる場合があり,実践している方が多いと思います。当店もそれを目指しているのですが,今回の方法ではうまく行かなかったです。(洗浄に失敗したということではありません)。

今日はナノテックCR100倍でマルチパッド。100倍になると,床がはじいてしまいます。マルチパッドでは付着物や,床面の部分的な荒れに対応できないので,刃物を使ったら,そこだけ目立ちます。減膜しなかったのにフィニッシュを塗ったので,厚くしてしまった感が残ります。

良かったこともあります。水を出しながらの洗浄で,リンスなしのため時間短縮したこと。その時間を使って,気になる部分のお手入れができたことです。スタッフの方の手が回らない場所がキレイになれば,職場環境の質が上がるはず。

そんな感じで今日のビフォーアフター。すべて洗浄後,フィニッシュ塗布乾燥後です。診察室。

診察室床洗浄後ワックス塗布乾燥後

通路。

通路洗浄後通路ワックス塗布乾燥後

受付前。この区画だけ,洗浄後に光沢ムラが見えますが,1枚でばっちりカバーできます。

受付前の床,洗浄後ワックス塗布乾燥後

今回は鍵の受け渡しでお騒がせしてしまいました。いつも担当して下さるM様,お手数をかけました。お礼も一言。一番傷みやすいはずの受付のキャスター椅子下がキレイです。きれいに使って下さり,ありがとうございます。

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿,短い投稿は無視されます。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ