業務用壁掛け型エアコン4台

まず友人の石井(電気屋)さんから業務用のエアコンクリーニングについて問い合わせがあり,お受けできる旨返事をすると,M様からの問い合わせがありました。

100人ほど集まれる教育施設なのですが,マニュアルに基づいて3年ごとの点検を行いたい,ということです。三菱電機製業務用壁掛け4台,東芝と三菱電機の家庭用壁掛けが1台ずつとのことです。

5月11日の問い合わせから始まって,いろいろと打ち合わせがありました。ダイキンの天井埋め1方向の追加,賠償責任保険の確認,業務請負契約書の作成など。今後の一つの型ができたと感じています。6月30日にゴーサインが出て,月曜日が良いとのご希望で,本日と8月12日に施工と決まりました。

Mさんが建物の解錠・施錠の担当者を取り決めて下さいました。いろいろお手配ありがとうございます。

今日は4台,すべてPK-RP63KA12,三菱電機2016年製を洗いました。東芝まで行きかけたのですが,最後に洗った分で水が漏れたので,そこで時間と精神力を奪われてしまった感じです。今日恵まれていたのは,エアコンを効かせながら作業できたことです。4台が独立したブレーカだったので,分解する前と復元後に運転できるんです。ありがたい。ワイヤードのリモコンも,当然1対1の設置。

制約がなければ,マルチ(複数の室内機と1台の室外機を接続する)ではなく,1台ずつペアのエアコンがいいですね。

まず右側のエアコン2台を洗います。エアコンカバーサービスの洗浄カバーSA-601Dはサイズがぴったりです。ですが普段エアコン洗浄プロのKB-8016(オープン形状)を使っているので,ノズルが扱いにくいことこの上ないです。(エアコン洗浄プロさん,もう一回り大きいものの発売をお願いします)。

三菱電機製 PK-RP63KA12洗浄カバー

今回分解してみて,三菱重工の設計したエアコンを,霧ヶ峰風にアレンジした気がしました。樹脂パーツも質が良いですし,ドレンホースの接続が霧ヶ峰方式なのはポイントが高いです。

右前分の洗浄前後の比較4枚。

熱交換器と壁側ボディ高圧洗浄後ファンとドレンパン漂白除菌洗浄後

右後ろ分の比較4枚。

熱交換器と壁側ボディ高圧洗浄後ファンとドレンパン漂白除菌洗浄後

午後右手に手を付けます。

右側2台

右前の分の比較4枚。

熱交換器と壁側ボディ高圧洗浄後ファンとドレンパン漂白除菌洗浄後

右後ろ分の比較4枚。

熱交換器と壁側ボディ高圧洗浄後ファンとドレンパン漂白除菌洗浄後

最後の1枚に白丸のハイライトがありますが,水漏れの原因はここに貼ってあったテープでした。他の分にも貼ってあり,どれも問題なかったんです。ですがこの1台はテープが毛細管現象を起こすのか,後ろのウレタンに水を含ませ,はっきりわかるほどの水漏れを起こしました。

ウレタンや発泡スチロールで隠れている部分に亀裂があるのかと思って剥がして確認しましたが異常なし。試しにテープを剥がして設置してみると水漏れが止まりました。こんなこともあるんですね。

今日の4台はリモコンでシステムの診断ができます。すべて「エラー情報なし」と表示されました。室外機の配管接続部もギリギリまで断熱され,ナットには結露水を確認,ガス漏れを表すオイルは感じませんでした。良好です。

17時を予定していたのですが,30分ほど早めて施錠に来てもらって1日目を完了。健康面の不安と汚れによる効率低下がリセットできたと思います。以上ご参照ください。

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿,短い投稿は無視されます。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ