設置状況の厳しい東芝エアコン

毎月伺うA様のお宅でエアコンクリーニング。A様の最初のご注文はこの1台を含むエアコンクリーニングでした。RAS-365JDR,東芝2002年製です。

これで3回目の洗浄なのですが,設置状況がかなり厳しいです。天井に近く,左はほとんど隙間なし。右下の貫通配管で,規定より左寄りに穴をあけてしまったのか,あるいは機種変更で幅が大きくなったのか,据え付け板のもっとも右寄りに掛かっている気がします。そして珪藻土壁面で,エアコン設置後に壁を塗ってあり,いくらか埋め込まれている感じ(汗。室内機の下部を浮かせられません。

もうこれは,取り外してのエアコンクリーニングしかないのだろうと思います。ただ,年式的に難があり,次に来るエアコンが洗いやすいことを願うばかりです。その外観と,化粧板を外した状態。

RAS-365JDRの外観内部配線

フィルターがしっかり埃を防いでいます。化粧板他パーツの洗浄前後。

化粧板とフィルター,そのほかのパーツ漂白除菌洗浄後

青透明のファンに難儀しました。結局ニイタカブリーチを原液でスプレーして,高圧洗浄ですすぎました。

青透明のファン洗浄後

1台で3時間オーバー。壁は濡れてしまったし,今回も惨敗という感じです。

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿,短い投稿は無視されます。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ