フローリング剥離洗浄

以前エアコンクリーニングをさせてもらったU様から,お見積り依頼がありました。「今回,リビングのワックスがけをお願いしたいと思います。(暮れに家族でワックスをかけたところ、すぐに剥げて酷い状態になっております)」。

2度伺っていますから,床のことも印象に残っています。濃茶のフローリングで,それなのに仕上げがピカピカでした。どうやってこの状態をキープしているのかと思うほどでした。

希望日が3つ挙げられていたので,下見・試し落としに行きました。メールの文面から,床温度が低くてパウダリングを起こしたのだろうと思っていましたが,床暖房を止めるのを忘れていたとのことで,低温度障害ではなさそうです。また,新築時にコーティング施工をしたこともわかりました。なるほど!樹脂ワックスじゃなかったんですね。

ということは,コート材にに対して,今回塗った樹脂ワックスが密着不良を起こしたということなのでしょう。

目立たない場所と思って,キッチンカウンターの内側で試し落とし。ナノテックCRでは溶けず,チャージ100で溶解。本番はこれで行きましょう。そして,Uさんは,剥離後の状態でOK,樹脂ワックスは不要とおっしゃいます。確かに再度コーティングするのが最善で,そこまでのレベルを求めないのであれば,今回塗ったものを落せばよいのです。

私どもとしても,樹脂ワックスを塗って密着不良を起こすのは避けたいですし,かといってコーティング施工は緊張します。塗った樹脂ワックスを剥がすだけで良いというのは,床にダメージを与えないことに集中できて,かなり気持ちが楽です。

そんな今回のフローリング剥離洗浄仕上げ。リビング部分。

リビング床剥離洗浄後

キッチン側へ。

キッチンへお手入れ後

冷蔵庫は動かさなくても良いということでしたけれど,こんな機会は少ないでしょうから。

冷蔵庫下お手入れ後

Uさんに,ありがとうございました,元に戻って良かった,と喜ばれました。私どもも,お悩み解決に役立てて良かったです。U様,たびたびありがとうございます。

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿,短い投稿は無視されます。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ