歯科クリニックの天井埋めエアコンクリーニング

先月お電話で注文を下さったのは、10年来お世話になっているF様の歯科クリニック。今回は診察室の天井埋め2台をご希望です。午後からの予定が決まっていたので、余裕を見て朝8時から入らせてもらうことにしました。

エアコン型式はC40RGV、ダイキン2016年製で、2020年1月に一度洗ったことがあります。天井埋め2方向です。マルチ(室内機2台、室外機1台)、ワイヤレスリモコン仕様で、リモコンも1台づつ設定されていて2個あります。試運転してから開始です。

これが診察室奥の分。このエアコンは一般家庭で使われていることもあります。分解しやすい(構造が分かりやすい)設計です。不思議なんですが、天井埋め1方向には、どうしてこうなるの?というほどファンモーター付近が入り組んでいる型があります。

C40RGV、ダイキン天井埋め2方向

奥の分の方が、汚れが強い印象でした。熱交換機のドレンパンに埋まる付近はアルミフィン自体が腐食し始めています。

熱交換器

高圧洗浄後

写真はありませんが、化粧板など外したパーツは漂白除菌洗浄です。、ドレンパンとファンも漂白除菌でよみがえります。

ファンとドレンパン

漂白除菌洗浄後

ドレンポンプも分解しやすいです。吸水側ロートが4本のビスで組んであります。簡単にロートを外し、中までしっかり洗えます。

ドレンポンプ分解メンテナンス

お手入れ後

ビスを使わない、はめ込み式のものは外すのが怖いです。例えばこんな感じです。ドレンポンプ内にスカムが詰まって吸い上げ不良になることがあるのですから、何度でも分解組み立てができるビス式にしてほしいです。

fujikoki様HPより引用

2台目も分解が終わってビスケースを確認。だいたい同じ順序で外したのが分かります。

ビスケース

2台目は診察室手前側。

熱交換器

高圧洗浄後

ドレンパンとファンは漂白除菌洗浄。

ファンとドレンパン

漂白除菌洗浄後

終るころ、院長のFさんがいらっしゃいました。「今日はエアコンの日なんですね」とおっしゃる様子は、スタッフにマネージメントを任せていらっしゃるからですね。

手前の分の修正1か所と試運転を含めて、無事にお昼までに終了しました。F様、合戸ありがとうございます。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿,短い投稿は無視されます。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ