エアコンとレンジフード

玉村町にお住いのT様から,エアコンとレンジフードのクリーニング依頼がありました。ご主人と弟はお会いしていますし,奥様とは,うちの妻が,子どもの幼稚園の時にお会いしていました。5月にそれとは知らずお隣のお宅でエアコンクリーニングをした後,劇的にきれいになると勧められたそうです。お隣のK様,ありがとうございます。

Tさんがそれぞれの型式をメールで送って下さいました。エアコンがAY-S45SBC(シャープ2005年製),レンジフードがHLS-75K(東芝キャリア2005年製)です。お見積りと作業時間の予想をお伝えして,注文をいただきました。

作業を始めたら,ウッドデッキの改修工事も重なっていたみたいで,いらした大工さんが,これまたかれこれ30年ほどのお知り合いのKさん。腕のいい大工さんです。階段部分が傷んだので,作り直していました。

さて,エアコンは普通機ですが分解組み立ては手がかかりました。外観と内部の配線取り回し。

ドレンパンの手前と下部に配線が収まっています。メインの基盤は左側にあるので,左が壁に近いのが不利で,配管は右下貫通です。でも室外機は左側壁面外に設置されています。なぜ左横の露出配管にしなかったのだろう?

2系統の配線は,右側のいろいろと,ファンモーターに刺さっているプラグを外せば引き抜けます。

ドレンパン右側が外しにくいです。熱交換器をくわえこんでいます。これは熱交換器のビスを1本外して,小さな突起を外してやることで脱着できるようになっていました。それにしても,なぜ右側に基盤を入れる設計にしたんでしょうね。

シャープAY-S45SBCの外観配線の取り回し

クリーニング前後の写真です。熱交換器と壁側ボディ,ファンとドレンパンの4枚です。10年以上キッチンに近いリビングで使っているものとしてはきれいだと思います。

熱交換器と壁側ボディクリーニング後ファンとドレンパンクリーニング後

エアコンに洗剤を聞かせている間にレンジフードを分解したので,ロスはないはずなのですが,エアコンの組み立てが終わったのが
12時半。ビスの数も,分解組み立てにかかる手間もお掃除エアコン並みです。

レンジフードの組み立てが終わり,試運転にこぎつけたのが14時。ですが,逆止弁の交換が必要です。指で押せば開くのですが,油の粘着で渋くなっています。うまく部品が手に入るといいのですが。

大変お待たせしました。お支払いと冷えた飲み物を頂戴して撤収。T様,このたびは当店へのご用命をありがとうございました。

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ