ナショナルCS-**6VBの分解クリーニング

動物病院のスタッフの方から電話をもらいました。先日診察室と待合に設置された2台のエアコンを洗ったばかりです。今度は2階のエアコンを2台というご注文です。

型式は同じシリーズです。今回洗ったのは2台ともCS-226VB-W(2006年製)です。

朝からで良いということで9時から伺ったのですが,優先順が変更になったらしく,3台が候補にあり,そのうち1台は先回とは別の診察室だそうです。早めに終わるのであれば,ということで診察室から始めます。ワンちゃんや猫ちゃんのものと思われるふわっとした毛の綿がエアコンの上部吸入口を覆っています。

フルカバーを外すとものすごい結露。表示板の裏側までびっしょりです。そんな1台目の洗浄前後。

化粧板内部は結露壁掛けオーバーホール対応洗浄後ファンとボディ漂白除菌洗浄後

2台目はウサギのいる小部屋です。高圧洗浄機の音がどうかと思いましたが,特に騒ぎませんでした。

熱交換器高圧洗浄後ファンとボディ漂白除菌洗浄後

T様にはかなりの回数のエアコンクリーニング依頼を受けてきましたが,熱交換器周りのスチールの腐食,そして10年を超えたので基板の不具合も可能性が出てきました。来年からのエアコンクリーニングでは,動作保証ができない旨をお話ししました。

そして買い替えるなら富士通をといつもながら推薦します。湿度調節のこともあってダイキン「うるさら」を検討されているようだったので,それだけはやめて下さい,とお願いします。

診察室にうるさらが付いたら大変です。分解組み立てには時間がかかりますし,パーツがものすごく多くてそれがカビるでしょうから,エアコンクリーニングとは言えない作業になるでしょう。洗いやすいエアコンと,単体の空気清浄機,加湿器の組み合わせが良いと思うのですがいかがでしょう。

T様,毎度ありがとうございます。

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ