事務所床のワックスがけ

17日にO様から電話がありました。「ずいぶん前に見積もりしてもらった床清掃なのですが,近々やってほしいです」。そこは東貝沢町にある会社事務所で,2度エアコンクリーニングでお世話になっています。

記録を振り返ると,2016年2月に見積書を作っています。もう少し暖かくなってからがいいですねと話した記憶があります。平日日中に事務所を空けるというのはなかなか難しかったようで,今回のご注文になりました。朝は会長さんがいらして,床に置いてあるものを机に上げたり,電源プラグを抜いたりと,手伝って下さいました。遅れてOさんもいらっしゃいました。一つだけパソコンを使う仕事があって,ネットの復旧でしばらく試行錯誤。大変なのに,邪魔してごめんなさいと気遣って下さいます。

リフォームして以来の床掃除ということでした。全体的にはキレイなのですが,せっかくの機会ですから剥離洗浄でリセットします。とはいえ,2台ずつ4列の事務机で,電話線,LANケーブル,電源があります。机と机の間隔は,机の奥行きより幾らか広い程度。ということで,奥から1列ずつ机の下を洗って1回ワックスをかけ,全てが定位置に戻った状態で2回ワックスを塗りました。

そんな作業中。奥はワックスが塗ってあり,ギリギリの間隔でこちらを剥離洗浄しています。

机を移動して洗浄

事務所でよくあるのは,椅子のキャスター部分の黒ずみ。ここは気にならない程度まで落ちましたが,隣の列の分は強烈で残りました。床材の表面を削るまで行かないとダメみたいです。

洗浄前洗浄後ワックス1回塗布

今回,加藤さんに教わった剥離剤を使わない剥離を試しました。たぶん教えてもらったのは2016年11月だと思います。我ながらカメの歩みです。

試したのはこの部分だけで,他は剥離剤で洗いましたが,剥離剤にも添加してみました。サラサラです。サービスワックス1枚で化学床ですから,今後もっとヘビーな現場で使ってみたいです。手前をよーく見ると,剥離された部分は色が違うのが分かります。

剥離中の洗剤がサラサラなので,メラミンパッドも使えました。最初の洗浄で落ちなかった線傷を落すのに効率的でした。通常,溶けたワックスで粘度が上がってしまえば,ナイロンパッドでも目詰まりして効き目がなくなります。剥離中の洗剤がサラサラなのは気持ちいいです。

剥離剤を使わずに

Oさんと会長さんが1日お付き合いくださいました。「ピッカピカ!」と喜んでいただきました。私どもとしても,机の下を含めてしっかりお掃除できて気持ちよかったです。ありがとうございました。

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿,短い投稿は無視されます。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ