不要物処分

4日にメールでのお問い合わせです。乗附町のマンションにお住まいのT様。「ハウスクリーニングをお願いしたいのですが、部屋は3LDKで少し広めです。お願いしたい内容は、不要物の処理(雑誌やゴミの処分)と清掃です」。

高崎市は高浜クリーンセンターに持ち込めば,家庭から出たごみを処分できます。事前に分別しておけば,可燃・不燃を一度に処理できます。1度の持ち込みで100Kgまでは無料,100Kgを超えると最初の1Kgから処理代がかります。

量が多ければ,当店の料金以外にゴミ処理代がかかること,また車に積み込む関係で処理場までの往復時間が作業時間内に含まれることなどをご案内し,ご注文を受けました。Tさんは100Kgは軽く超えるとの予想です。

その後18日実施のご希望をもらったのですが,先に問合せを下さっていた方の予約が入り,Tさんが10日の空き日を指定してくださったのが7日。ありがたいです。

お尋ねすると,ドアの外からは想像できなかった雑誌の量。下見しておけば良かったですね。終わってみれば居間と廊下とトイレの部分までしか進みませんでした。あともう一部屋(LDK)があります。こちらは申し訳ない気持ちでしたが,Tさんはここまでためた自分が悪いと気持ちよくお支払いくださり,もう一日予約を下さいました。たぶん次回もごみの処分で終わりそうです。

もっとも,雑誌類は鼻高町の知り合いIさんに引き取ってもらうことができました。資源ごみになるので,無料!ついでにペットボトルもキレイでキャップが外してあればOKということで,かさばるものがほとんどそこでなくなりました。後は燃えるゴミが1立米(リューべ?)ぐらい。持ち込まなくても何とかなりそう。

マンション2階から,駐車場の車までは,束にした雑誌を入れ物に入れて運び,サンバーに詰め込みました。サンバーの貨物部分に1.2杯分ぐらい。Iさんもびっくり。300Kgぐらいあったのでは。

不要んなった雑誌類を処分

しっかり分類すれば,本としても売れそうなものが多数含まれていましたが,総合的に考えて,今回は資源ごみを選択しました。T様,また伺います。

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿,短い投稿は無視されます。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ