淡色大理石

いただいたサンプル3枚のうち,2枚目に選んだのはコーラルベージュ(たぶん)。参考にしたサンプル集には,「透明の鉱脈や天然の亀裂,筋模様を含む石種です。天然の空隙を含むことがあり,同色系のセメントで穴埋めされています」。と書かれています。実際セメントで埋められた亀裂があり,裏まで達しています。

サイズは620×220×20ミリ,小端にヨビと書かれているので,サイズ加工したものの,使われなかったものなのでしょう。これも裏側メッシュ加工済みです。

今回はストーンマスター,マイクロポリッシュ4番(400番相当),5番(800番相当)を使いました。僕の持っているパッドのレジンパターンは現行モデルと違います。以前銀ちゃん(最近出番が多いな)に借りたミニポリ8に3枚貼って回したら,暴れること暴れること。今回はフチオカに1枚で,ヘッドを押さえつけて回転させるので,暴れることはありませんでした。ただものすごい抵抗感があり,モーターはやけどするほど熱くなるし,時々ストライキを起こして止まりました。回転中に乾く感じはなかったけど,もっと水を出したほうが良かったのかも。

淡い色合いなので,番手の違いは分かりにくいし,3000以上の違いも,ほとんどわかりません。そんな2枚。ちなみに,コーティングした部分の上からちょっと下がったところに,かなり大きな範囲でセメントが埋まっています。白っぽいのでいくらか目立っています。

傷取り工程鏡面再生

さらにコーティングした部分は,乾いてしまうと塗り境さえ見えません。ですが,こうすると見えるんです。

コーティングの撥水

大理石は水に弱いです。鏡面再生すればある程度撥水作用がありますが,徐々に吸い込みます。水を吸って裏面からアクや錆を吸い上げたり,バクテリアで変色したり,膨張して表層剥離したり,と良いことはありません。濡れたら早めに拭き取ってあげる必要があります。コーティングすれば吸い込まなくなりますが,乾燥時に水あかを残す可能性があります。やはり気が付いたら拭ってあげて下さい。

お父さんがゴミ捨て係というのは,良くある話です。出勤時に気が付くように,いろいろ入った袋を玄関に置いておこうと,奥様は考えます。その袋から,果汁を含んだ汁が垂れると大変なことになります。大理石は果汁の酸性を帯びた液体で,すっかり艶がなくなります。玄関が大理石の場合は,ゴミ袋はもちろん,スチールが関係する傘立てなどの備品もご遠慮ください。

火山活動や,地殻の変動の作用で何万年もかけてできた石です。人類はそうやって地中に眠っていた石の美しさを知り,掘り起こして磨いて使い始めました。管理すれば何百年,あるいは千年以上の使用に耐えます。宝石と同じようにとは言いませんが,それに準ずる気持ちで大事にしてあげて下さい。

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿,短い投稿は無視されます。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ