X

ビートウォッシュ分解クリーニング

22日にメールでお問い合わせくださったのは,箕郷町白川にお住いのI様。「洗濯機のお掃除をお願いしたいです。日立全自動式、8キロです」。フォームに書かれていた電話番号から,その前にお電話下さったことが分かります。お手数をおかけしております。

こんなお返事を出しました。「出来れば,型番をお知らせください。洗濯機は長持ちするものですが,使用設計年数が7年ほどだと思います。なにか不具合が出たときに,保険を使うのですが,年数を超えていると部品がないかもしれません。洗濯機自体を新しいものに取り換えるといったことはできないので,寿命と考えていただくことになります」。

内蓋付きだと料金が変わります。製造年によっては,不具合の修理ができない可能性があります。このあたりを事前に確認しておきたいので,型式を調べて下さい,とお願いしています。

Iさんからお電話があり,BW-8TVで内蓋がないこと,来週月曜日(県民の日)の午前希望ということです。近日中空日程を指定下さり,ありがとうございます。

本日伺うと,以前に洗濯機クリーニングに呼んでくださったお客様の2軒隣りでした。フォームで「ご紹介」が選択されていたのでお尋ねすると,やはりY様のご紹介ということです。Y様ありがとうございます。

ごあいさつして,洗濯機に案内してもらいます。脱衣所,洗面台,浴室。作業スペースが十分あります。まずはBW-8TVの外観。

試運転を終えて,ホースを外すときに何か違和感が。洗濯機用の蛇口に,さらにアダプターが装着されていました。水漏れは全くないのでこのままでもいいのですが,せっかくの専用蛇口なので,外しておきます。

以前は日立の洗濯機のパルセーターが外せないという問題が頻発していましたが,この頃は何なく外れます。おおこれはなかなかの汚れです。比較しやすいように,クリーニング前後。

脱水槽も軽く左右に振っただけで抜けました。ギヤプーラーを使わずに外せた方がいいです。脱水槽が抜けた入れ物を,洗濯槽と呼びます。

脱水槽ですが,ステンレス槽の上端がカシメてあり,このままだとバランスリングが外せません。バランスリングが外せないと,フィルターなどを含む上下流水系統のパーツが外せません。大量に汚れの取り残しが発生します。ステンレス槽の下端も同じで底円盤をカシメてあります。流水経路の洗浄だけは外せないので,カシメている部分を広げてバランスリングと流水経路のパーツを外します。(シャープは底までステンレスなのでこの問題がありません。昔あった三菱電機の洗濯機は上下ともカシメていなかったので簡単に脱着できました。強度を保ちたいならビスの数を増やしてほしいです)。

脱水槽の外側の汚れはよく見かけると思います。Iさんもインスタに上げると言って写真を撮っていらっしゃいました。外側はもちろん,脱水槽の内側にあるパーツも,見えないところはこんなに汚れてしまうんですね。

最後の2枚は,底円盤の外側。脱水時にモーターの軸が高速回転します。濡れた洗濯ものが入った脱水槽を回転させるときには,ものすごい力がかかります。そのため,樹脂でできた底円盤は,強度を保ちつつ軽くするためにこんな構造になっています。

11時半には出かけたいとのご要望でしたので,急ピッチで進めました。何とか時間前に終えてほっとしています。大変喜んでもらえました。I様,このたびは当店へのご用命をありがとうございました。

ryo: