X

リビングと廊下

ちょうど一週間前に問い合わせを下さったのは,安中市松井田町にお住いのI様。たびたび声をかけて下さいます。

10畳のフローリングと廊下のワックスがけをご要望です。いままでにキッチン,ダイニング,リビング,廊下とその時のご要望で洗ってきましたが,10畳ですからリビングだと思いますが,確認します。ご夫婦ともに「腰痛でリビングの家具の移動が難しいけれどお願いします」。

大変いい天気です。南側の掃き出しの近くなどは,暑いくらいです。細かいものは移動済みでしたが,おしゃれなソファーなどを隣のダイニングへ。Iさんは外に出してもいいとおっしゃるのですが,屋内に移動先があれば外には出しません。

リビングの床は,着色が感じられます。掃き出し付近はニスが塗ってあるそうです。厚くなったワックスの層がぱりぱりと剥がれている場所もあり,剥離洗浄が望ましいのですが,すでに表面が反り始めているフロア材には耐えられません。

今回は剥離をするにしてもしないにしてもポリッシャーを使わないつもりで行きました。廊下は先回の剥離洗浄後の美観を保っています。そこで,全体にナノテックCR50倍を塗り,時間を置かずにハンドパッドで擦りました。

吸水バキュームの回収した洗浄液の色がこんな感じ。白濁していないので,減膜はしていません。汚れを取っています。

洗浄剤を回収した後,水を撒いて全体に伸ばし,またバキュームします。リンスと呼んでいます。これには,まだ床に残っている汚れを回収するとともに,床表面のpH調整の効果があります。アルカリ性を中性に近づけます。

ワックスは2回塗布も考えたのですが,1回目で十分な光沢が出ました。この仕上がり感は,床表面のpH調整の効果だと思います。

いい写真が撮れなかったのですが,廊下の写真1枚。

リビング床は元のまま幾らか光沢が増した,という程度ですが,Iさんは一目見るなり「ピカピカ!」と喜んでくださいました。いつもご声援ありがとうございます。

お支払いに加えて,ビールのお土産付き。I様,いつもお気づかありがとうございます。

ryo: