X

歯科医院のダイキンエアコン

先月22日に,同業の片山さんから電話がありました。うちでやっている歯科医院の先生が,エアコンクリーニングをして欲しいというので,やってもらえないか?片山さんには,他にも紹介していただいています。

直接T先生からお電話があり,休診日ということで選んだのが本日12日。片山さんたちの定期清掃が入る日でした。技工室と待合室の壁掛けエアコンで,床のお掃除はエアコンの進み具合に合わせられるということで一緒にさせてもらいました。エアコンはダイキン製ということです。

今日も暑くなりました。朝は先生もいらっしゃって,今日やって欲しいエアコン2台と,それとは別に天井埋め4方向,古めの壁掛け1台を案内して下さいます。天井埋めを含む2台は,10月末にさせてもらうことになりました。

技工室のエアコン。F22NTES-W,ダイキン2012年製です。左に長い露出配管です。

フィルターはよくお手入れされていましたが,手が入らないところはカビています。個人的には無駄な抵抗だし,エアコンの効率を悪くしているのではないかと思っているストリーマ発生装置。それらを含めて,外れてきたもの。

ストリーマ発生装置には小さな基盤が内蔵されているので,外してから他のものと漂白除菌洗浄,紫外線殺菌(天日乾燥)。

いきなり画質が悪くなったのは,朝フル充電だったスマホのアプリを起動したままにして,電池を使い切ったため。電話で使っているガラケーのカメラがなんと640×480ピクセル設定(笑。

熱交換器は,アルミフィンがかすかに腐食していました。先日の動物病院でも感じた症状です。なぜだろう。

ボディとファンは外で漂白除菌洗浄。

片山さんと一緒に来ていた小泉さんは興味津々なのですが,僕の作業を見ていて,「力技」と感じたらしく,怖くてできないと思ったようです。僕も,軽々とやっているように見せる作業を身に着けたいです。

2台目は待合室設置のF40LTPP-W,ダイキン2010年製。2年しか違わないのに,古そうに見えます。待合室で採光が良いため,パーツの変色が進んでいます。ダイキンの特に風向き板は,紫外線で劣化しやすいと思います。

こちらは右から露出で冷媒配管は天井裏へ,ドレンは左側に隠蔽配管されていました。

熱交換器はやはり黒々していました。洗浄中の色の変化と合わせてお送りします。

ファンとボディ。何かバランスがおかしいです。ファンが汚れていない,というより新しい気がします。そういえば先生がメーカーに診てもらったとおっしゃっていました。どうやってファンを交換したんだろう。

ファンは2018年製と思われます。

全て漂白除菌洗浄。

初めてのご依頼で,勝手のわからないところや段取りの問題があり,気が付けば4時間経っていました。片山さんには,ちょっとお待たせする場面があったと思います。こちらの作業を優先してもらって恐縮です。

試運転,結露水のドレン排水を確認して撤収。T先生,このたびはお世話になります。また参ります。

ryo: