X

歯科クリニックのエアコンクリーニング

10日にお電話くださったのは,歯科クリニック院長のS様。エアコンクリーニングのご注文です。「3番診察室と,他に間隔があいているものがあったら様子を見てお願いします」。今度の木曜は休診だけれど,11時まで来客があるとのことです。私どもも,朝1台エアコンを洗ってから伺うので11時半ごろになります。

私どもが到着する前にSさんはお出かけになりました。まずは試運転から。3番のエアコンには水漏れ用の小さなバケツが置いてあります。試運転開始20分ほどした頃でしょうか。何事かと思うほど水が垂れてきました。ポタポタではなくツツーという感じです。

毎年この水漏れ問題が起きます。ドレンの排水が滞る原因は,室内機の幅の分,やや逆勾配に敷設されているドレンホースです。左下部に隠蔽配管されていて,ドレン用塩ビ管も左に来ています。しかしなぜかこの室内機は,ドレンパンの右に排水溝があり,左に切り替えることができません。こうなると,設置工事ではドレンホースの勾配が最優先のはずですが,冷媒配管に加えて各種ケーブルも埋め込まれているので,自由になりません。

というわけで,ドレンホース内部で水がスライム化して,排水がストップししてしまい,熱交換器の結露水ほぼすべてが垂れてくるようになります。

1番診察室は,この部分を改修工事されました。排水を右側で受けられるようにしてあります。それまで毎年手当てが必要でしたが,改修してから3シーズン水漏れなしです。

水漏れは3番ですが,これまでの間隔と汚れ具合から,1番と4番も洗うことにしました。今日の作業順に,4番,3番,1番で並べます。2番は昨年洗ってきれいだったので,ドレン排水溝にノズルを当てて,30キロの高圧で流しておきました。

4番診察室。エアコンはPKFY-P22BM-E1,三菱電機ビル用マルチ,2007年製です。

マルチエアコンのため,配線はいくらか複雑です。

エアコンクリーニング前後。

水漏れしていた3番の分は,去年洗ってあるのでキレイでした。

2番のドレン排水溝。高圧で流しておきました。

3シーズン経過の1番は汚れています。

15時過ぎに大体作業は終わって,冷房試運転。特に3番の様子を見ます。問題ありません。

1-3番は寒くなるほど冷えますが,4番は冷房が弱い気がします。すべて同じ設定で,冷房25度,強風です。リモコンに表示される室温は,寒いと感じる1-3番は26度,それほど冷えた気がしない4番は25度。センサーが実際より温度を低めに感知するのかもしれません。

試運転中の時間に,弟がレザー洗浄を試していました。ユニットのレザーは着色ではないらしく変わらなかったのですが,待合室のベンチは色が変わります。

違いを確かめるために仕切りますが,手を付けたものはもちろん全体にお手入れします。洗浄が終わったら保湿クリームを刷り込みます。

終了後の戸締りにはお父様が来てくださいました。S様,毎度ありがとうございます。

" ryo : ."