X

ダイキンエアコン2台

柴崎町にお住いのK様から最初にお問い合わせをもらったのは先月3日でした。「F36LTPS-W ダイキン2010年製,同機種2台,同室設置,見積り希望です」。

型式を書いてもらえると,お返事しやすいです。壁掛けオーバーホールでお見積り。早速,候補日を複数挙げてご注文下さいました。その後送られてきた写真は,かなりタイトな設置状況。どちらも天井に近く,左右どちらかにアクセス制限があります。さらに…板張り天井で,しっくい壁に設置されています。ただ,隠蔽配管だということですので,何とかなるかもしれません。

今日も晴れて良い天気です。ごあいさつが済むと,Kさんがウッドデッキのある大きな掃き出し窓を開けて,こちらからどうぞ,と案内して下さいました。入ったリビングの南北にエアコンが設置されています。作業性良好です。実際高圧洗浄機は真ん中に置かせてもらって,移動せずに2台洗えました。

始めに取り掛かった南側の分。F36LTPS-W,ダイキン2010年製です。化粧板と天井の間は20ミリぐらい(汗,左右は柱に挟まれていて,右上は梁が掛かっています。

ダイキンの化粧板はフルカバーで,天井側は3か所あるフックを押し込んでやることで簡単に外れます。ですがフックには全く触れません。外れないかもしれないと思いましたが,化粧板下部を可能な限り手前に引き出した状態で,天井側を内側から押し上げてみました。コンッという感触があり,フックから外れます。思ったよりもスムーズに外れました。基板の金属蓋もギリギリ外せました。

化粧板が外れれば,隠蔽配管ですから,室内機はかなり自由になります。フックのみで上下連結している下部ボディーが降りました。

熱交換器の洗浄前後。

ファンと下部ボディ。

Kさんが建築当時のことを話して下さいました。2台に分割することで室内機のサイズが小さくなるし,機器も安いものが買える。機器更新時は利用できない可能性もあるけれど,隠蔽配管の方がスマート。設備やさんがいろいろ考えて取り付けてくれたそうです。実際には2台同時に使うことは少なく,どちらか1台で空調できるそうです。リビングは吹き抜けでかなり大きな容積ですが,断熱性やシーリングファンの効果で効率が良いのでしょうね。

仮に7.1kWのエアコンとなれば,コンセントは200Vが必要ですし,フィルター掃除機能付きになるでしょう。配管+ダクトを通す必要が発生するかもしれません。

いずれエアコンを取り替えるときがくるけれど,何がいいでしょうね?というのは自然な流れです。個人的な意見ですが,メンテナンスが大変なダイキンと東芝は避けてほしいです。製品としては三菱電機霧ヶ峰,無難なパナソニック,分解クリーニングしやすいのは富士通です。いずれにしても,お掃除機能が付いていない汎用機をお勧めします。経験のある業者さんなら,既存の隠蔽配管を使ってくれると思いますよ。お話した愛媛の阿部さんのブログは左の「My Favorite」にブックマークしてあります。

南側の分に洗剤を吹き付けた状態で北側の分に取り掛かります。やはり天井に近いので化粧板を外すときに難儀。さらにドレンホースに薄く接着剤が塗られていたようで,外すのに難儀しました。南側の分は左に何もなかったので手首が使えたんです。

無事に洗浄完了。Kさんが,リビングに近い浴室の使用を許して下さったのですが,弟は外でパーツ洗い。天気も良かったので,外での洗いの方が気持ちが楽なのでしょう。実際,ファンの汚れがきちんと落ちたかどうかは,外で見たほうが分かりやすいです。

Kさんのおっしゃるには,当店にたどり着く前に,いくつか当たってみたところがあるそうです。それぞれの事情で,分解程度はどうしても限界があるそうです。そこでインターネットで調べて,当店の壁掛けオーバーホールを見つけて,選んで下さったとのこと。私どもとしても,下部ボディを降ろして洗えると,達成感があります。

お支払いと飲み物を頂戴し,お見送り付きで撤収。K様,このたびは当店へのご用命,ありがとうございました。

ryo: