ハウスクリーニング専門店なので

お店や事務所の定期清掃

お店や事務所をキレイに お店のオーナーや店長さん,事務所の管理責任者の方は,定期清掃をご存じだと思います。3カ月に一度とか決めたサイクルで定期的に業者が来て,専用の機材を使って窓ガラスや床をお掃除します。すでに契約がある方も,これから業者を探す方も,ハウスクリーニング専門店が行なう定期清掃もご検討いただければ幸いです。ハウスクリーニングは一般のご家庭でのサービスですので,お店や事務所のお掃除の場合も,細やかな目配りができるのではと考えています。トイレや洗面台,エアコンや換気扇や照明…手を入れにくい場所があれば合わせてご依頼いただけます。

比較的小規模な お店や事務所といっても,100㎡(約30坪)より大きくなると,2人で伺う私どもには規模が大きすぎると思います。もちろん知り合いに応援を頼むことができますが,責任を持って定期的なメンテナンスを請け負うという意味では無理があります。比較的小規模で,2人で手の行き届く程度の作業面積がいいです。いつもキレイだと感じてもらえるような,気持ち良く管理しやすい仕上がりを目指します。

定期清掃 一定の周期でクリーニングに入らせていただく定期清掃と一度だけのお掃除では単価が違います。定期清掃のご希望の場合はその旨お伝えください。またすでに定期清掃がされていた場合,剥離洗浄などの時間のかかる作業が必要になるかもしれません。そのような場合は,初回のクリーニングと定期清掃では単価が変わります。きちんと説明させていただきますので,十分ご検討の上,ご契約いただければと思います。当店は,価格ではなく仕上がりの品質で競いたいと考えておりますので,「今の業者より安くあげたい」という趣旨には向かないと思います。

当店のお店や事務所の定期清掃のメリット

定期だからこそ

汚れを落とす★★★
当たり前のことなのですが,樹脂ワックスを塗って床の管理をする場合,それまでに付いた床の汚れをきちんと落とさなければなりません。当店のこれまでの経験では,この基本が出来ていないケースが多いです。ポリッシャーにパッドをつけて回転させ,床面に一通り当てたことで満足してしまうのでしょうか。例えばこの写真の床は汚れが激しく,通常の洗浄方法では取り残しが出ます。そこで浸透力の高い洗剤と研磨力の高いパッドの組み合わせで落としました。ポリッシャー通過の跡がはっきりわかります。

きちんと床の汚れを落とす

この洗浄方法で全体を洗うと,汚れのないマットな床面に仕上がります。こうなって初めてワックスを塗れると思うのです。

汚れや傷が無くなった,ワックス塗りも待つ床

什器備品の移動★★★
お掃除の前には什器備品の移動が大切です。男手二人なのでかなりの重さのものも移動できます。もちろん動かせないものは無理をしません。お掃除対象ではない部屋や外に出したり,動かせない家具類があればその上に乗せます。何を動かすかはこちらで判断しますが,ご要望があれば事前にお伝えください。デジカメで撮影しておいて復元しますが,クリーニングの仕上がりを確認していただくときに修正を承ります。重いスチール棚やデスクは動かせませんが,テーブルや椅子はすべて移動しました。

動かせるものは動かして,できるだけ広くしてから洗います。

残さない★★★
洗剤を使ってお掃除するので,洗剤成分を残さないことは重要です。床面についてはバキュームだけでなくもう一度水をまいて残留洗剤を回収します。これはワックスを変質させないためにも大切です。ポリッシャーから洗剤が飛び散らないようにカバーをかける,作業中に壁や備品を汚さない気遣いも必要です。

水周り・エアコンなども★★★
トイレや洗面台など,水あか汚れは得意です。普段のお掃除で落ちないものがあればご相談ください。壁掛けのエアコンはもちろん,天井埋め込みなど業務用のエアコンも分解洗浄いたします。換気扇や照明など,後回しになりがちな場所もメンテナンスのご提案をいたします。

日中の作業☆☆☆

恐れ入りますが,祝祭日を含む月曜日から金曜日の日中に作業をお受けしています。大抵,定休日に立ち会っていただくことになります。定休日の土日や深夜の作業はお請けしておりません。

お店や事務所の定期清掃前後の写真です

調剤薬局の出入り口です。2年ほど他社の定期清掃が入っていましたが,私どもに替えていただきました。普段マットを敷いてある部分との境が見えています。これが無くなるまで特殊なパッドで磨き,境をなくしました。

前の汚れをしっかり落としてワックスを塗りました

風除室のタイルが油で汚れています。油汚れに効く洗剤を使ってブラシをかければ元の風合いが戻ります。写真で見るよりはっきりした違いがありました。

エントランスタイル油汚れもリセット

ファストフード店のPタイル床です。白いタイル部分で汚れの蓄積を感じます。剥離洗浄して床本来の色を取り戻します。ポールの際などは刷毛を使ってワックスを塗りました。きりっとした光沢で気持ち良いです。

ファストフード店Pタイル剥離洗浄後ワックス

特殊なケースですが,大型ショッピングモールのテナントショップ。開店前のクリーニングです。これは工事の管理に問題がありました。設置のすんだ棚やディスプレイ用小物,吊るされたシャンデリアまでホコリだらけでした。第一印象は廃墟!? 延々とほこりとたたかう,かなり疲れる作業でした。

テナントショップ開店前準備完了

ファストフード店のガラスと床のお掃除です。ガラス面はもちろん,白い枠に付着した油なども落とすと,意外に手間がかかります。

ファストフード店のガラスと床クリーニング後

男子用トイレでニオイが感じられるとしたら,原因はここかもしれません。尿石除去,付近のタイル洗浄で美観回復,消臭します。

男性用トイレの尿石汚れとニオイを除去

気がつくといつの間にかこんなに汚れています。こうなるとお掃除してもキレイにならないのでモチベーションも下がりがち。プロの手で一度リセットすれば毎日のお掃除に気持ちが入るようになります。

洋式トイレに蓄積した汚れリセット完了

メリットでご紹介した床です。光の関係で作業前の汚れ具合が分かりにくいですが,お客様にはいつも大変喜んでいただいています。

Pタイルの汚れや傷をしっかり落としてワックスを塗ります

お店や事務所の定期清掃をご依頼いただく場合

相見積りは辞退しております 面積でおおよその料金をご案内できますが,ご希望内容,剥離洗浄の必要性,什器備品の配置,作業時の段取りなどを打ち合わせるために下見見積りさせていただきます。下見見積りは,事前に作業内容と金額を確定し,行き違いをなくすために行なうものと考えております。当店の見積りは相場よりいくらか高いです。恐れ入りますが,他の業者との相見積りはご遠慮ください。時間の無駄になりますし,お互いに意味のないことです。

什器備品の移動 お掃除の前に,可能な限り什器備品の移動をさせていただきます。作業前にデジカメで撮影し,できる限り復元します。作業後,特に重いものの位置を確認してください。修正します。細かいものや貴重品は事前に移動していただければありがたいです。

出入りできませんやむを得ない事情がある場合を除いて,作業中は出入りができません。特に洗浄中とワックスを塗って乾燥までの間はご協力をお願いいたします。近くのお部屋をお使いの場合などは,状況をお伝えしながら作業させていただきます。

キレイを長持ちさせるために

  • 出入り口のマット

    靴のまま入れるお店の場合は,店内に砂を入れないように予防することが大事です。ドアの外にはコイルマット,内側にはケミカルマットを置き,マット自体も毎日お手入れしてください。効果的にマットが働くと7割の砂を落とせます。

  • ダストモップがけ

    レンタルモップなどを利用して,1日に一度は床の砂やホコリを集めてください。ダストコントロールによって,床が傷つくのを防げます。毎日のお手入れが,管理を楽にする方法です。

  • 早めの対処

    飲み物をこぼした,植木鉢から水が垂れている,ガムが落ちている…気が付いたらすぐ手当てしてあげて下さい。早ければ早いほど簡単にキレイにできますし,汚れが広がりません。雑巾,水ぶきのモップ,ほうきとチリトリなど良く使うものがすぐ出せる場所に置かれていると良いですね。逆に,落ちない汚れに対しては,頑張りすぎないでください。素材が傷ついたら残念です。プロにご相談ください。

お問い合わせについてのお願い

メールフォームからのお問い合わせは確実です

お問い合わせ用メールフォームでお問い合わせ下されば,よく考えてお返事できます。
内容が文章で残りますので行き違いが減り,日付・住所・連絡先なども正確に承れます。
できれば引用返信(受信内容が下に貼りつけられる返信方法)をお願いします。
年末年始や夏の休暇期間以外は通常24時間以内にお返事できます。
フォームに入力するご面倒をおかけしますが,出来ればメールでお問い合わせください。
メールは店長携帯に転送されますので,お問い合わせ自体はリアルタイムに届いております。

フリーダイヤル

フリーダイヤル 0120-388-932 「さわやか クリンサーブ」と読む(照 を利用してもらえますが,最近はほとんど電話をとれません。
店長携帯に転送されるので,営業時間外はもちろん,作業中・運転中・休憩中の場合は出られません。また,質問に答えるにしても,メモを取るにしても不確実になりがちです。
そんなわけで,登録されていない番号からの電話には出ないことが多いです。
お手数をかけて恐縮ですが,やはりメールでのお問い合わせが確実です。

なかなかつながらない電話です 0120-388-932

このページの先頭へ