メッキを傷つけずに

A様のお宅には毎月伺っています。毎月なので,特注の戸建ての水周りに一通り手が入ります。毎回特に課題を設けてはいないのですが,継続的に改善の方向で作業できるので,私どもにとっては大変ありがたいお宅です。

例えばバルミューダのトースターの部品。たぶん時期的にお餅を焼いた,しかも醤油を垂らして焦がしたというような流れだと思います。誤解がないようにあえて添えますが,これはお客様に文句を言う趣旨ではありません。推理みたいなものです。

トースターの本体側の枠に,こんな部品がかぶせてあります。焦げ付いています。ガサガサとした焦げの方が洗剤が効きやすい気がします。きれいな飴色で滑らかなコゲが曲者です。

トースターの部品

メッキを傷つけることなく,コゲだけをとるのが私どものテーマです。かなり慎重にやりましたが,「傷つけることなく」というわけにいきませんでした。今後の課題です。

クリーニング後

バルミューダは憧れです。炊飯器は新顔です。まるでダッチオーブンのような質感です。

炊飯器

テラコッタ風の玄関タイルも毎回洗います。メラミンスポンジでマッサージすると,カスレ・黒ズミが消えます。比較的短時間の作業ですが,効果は高いと思っています。

玄関タイルを洗う

A様邸では毎回細やかなお気遣いがあるのですが,それは私どもの胸に刻みます。毎度ありがとうございます。

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ