ダイキンのエアコンクリーニング2台

H様からは,年末にお掃除をさせてもらったときに,3月の休みの日ということで,エアコンクリーニング2台のご注文をもらっていました。一度洗ったことのあるエアコンです。先回は2014年2月末。3年経ちました。

昨日Hさんの方から,明日はお願いしますというメールをくださいました。恐縮です。そういえば,そのまま手帳に書き込んだので,今日のご注文についてメールでのやり取りはありませんでしたね。

今日はわがままを言って,浴室でパーツ洗いをさせてもらいました。お天気もいいし,洗い場スペースもあるのですが,今日のエアコン2台は2階の設置で,浴室も2階にあるんです。今まで落としたとかのトラブルはないのですが,バラバラになったパーツを抱えて,2階から外の洗い場まで往復する動線は長いです。

お許しを得て,浴室で洗えることになりました。とても気持ちが楽になります。ご協力ありがとうございます。

さて,今日の2台は型式が同じです。1台目はリビング設置で,F25HTPS-W,2台目はダイニング設置で,F22HTPS-W,ダイキン2007年製です。ルーバーは2枚,左右風向きもモーター駆動ですが,とてもシンプルな構造です。ダイキンで,隠蔽配管ですから,しっかり洗うために壁掛けオーバーホールにします。

壁掛けオーバーホールとは,室外機と配管でつながっている熱交換器を残して,室内機のボディーを外して洗う方法です。ダイキンや東芝は,ドレンパンが独立して外れません。可能であれば,こうしてボディーを外すことによって,洗い残しを減らすことができます。ドレンパンが独立して外れるエアコンでも,壁掛けオーバーホールの方がしっかり洗えます。

ついでにいうと,富士通は,もともと下部のボディーが外れるように作られているので,チェーンで吊るなどの特別な工夫をしなくても熱交換器だけになります。エアコンクリーニングのしやすさという観点から選ぶと,富士通がダントツぶっちぎりの1位です。

話がそれましたが,本日の1台目のエアコン。設置状況と,壁掛けオーバーホール方式で,下部ボディーを降ろした状態の3枚組です。

ダイキンF25HTPS-Wの外観熱交換器だけ残しますこの状態で降ろし,ここまで組んで戻します

Hさんのお宅には小型のワンちゃんがいて,昨年夏は冷房を使って2階リビングで過ごしたそうなので,どれほど汚れているかと思いましたが,ピカピカにきれいでした。ただ,洗剤が効くときに戻るニオイから,カビが生えていたことが分る,という程度でした。

クリーニング前後が分からないので,別のネタ2つ。ダイキンはファンモーターの軸が錆びやすいのか,ファンから抜けにくい,時には抜けないなんてことがあります。今日の1台目はかなりきつかったのですが,何とか抜けました。なので,スチールウールで磨いて,潤滑剤でコーティング。

ファンモーターの軸

ダイキンの下部ボディーを戻すときは,この爪を意識する必要があります。大げさに言えば,この爪がしっかり入る状態にして,この爪を支点に回転させるように壁側を押し入れる感じ…?当店は2人がかりでやっていますので,これを一人でされている同業者を尊敬します。特に左抜きや露出ではなく,通常の右下抜き貫通の配管の場合は,遊びが少ないので,この部分の取り外しと復元は難しくなります。

熱交換器の爪

2台目の設置状況。こちらは左側が近いですが,それでも40から50mmほどの空間があるだけで,全然違います。

ダイキンF22HTNS-Wの設置状況

不思議なことに,こちらの方は熱交換器から戻り臭は感じられませんでしたが,ファンやドレン溝部分にはっきりカビができていました。漂白除菌でよみがえります。

2台目のファンと下部ボディ漂白除菌洗浄後

3時間とお話ししていたのですが,30分程オーバーしました。土日休みの当店に合わせて,大事なお休みの日にお付き合い下さりありがとうございます。奥様は途中でお出かけになって,お支払いはご主人から。そしてまた,まさかのプレミアム!

H様,いつもありがとうございます。

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ